科学コミュニケーション好きの日記☆
このブログはmihhaが2005年~2009年くらいに書いてたブログです。学部4年~修士、社会人1~2年目くらい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
サイエンスアゴラ レポート
遅ればせながら、11月23日~25日に参加した「サイエンスアゴラ2007」のレポートを書きたいと思います。

アゴラ看板


私がもっとも印象に残ったプログラムは、
「日米におけるサイエンスアートの現状と未来予想図」
でした。

アメリカでは「サイエンスアート」を専門とした学部があり、
サイエンスアートを専門職とする人々が存在しているのです。
特に医学の分野の紹介が多かったですが、「化学」「生物学」多岐にわたる作品を見ることができました。

どういうものを描くか、は詰まるところ
アーティストの意志によるのかなと感じました。

しかし、写真では伝えられないものが伝えられる、という点はとても納得しました。

日本では「サイエンスアート」を専門とした学部はまだないのだそう。
まずは教育機関をつくるべき(?)なのでしょうか。。

確かに、「サイエンスアート」の面は、海外の教科書の図の美しさには敵っていないような印象は、学生時代にありました。

--------------------

私はこれまで、科学的な意味を深く考えずに、ポスターとして目を引くようなアート寄りの作品を多く描いてきましたが、講演を聞いて、もっと分子生物学に関する知識や理解を深めて、意味のある、理解増進に繋がるような、細胞の絵や細胞器官の絵などをモデリングしたいなあと感じました。

ちょっとした教材を作るときも、グラフィック面、デザイン面でクオリティの高いものを作っていきたいと、決意を新たにすることができた、
私にとってはそのようなイベントでした。


公式ホームページのレポートはコチラ
http://scienceportal.jp/reports/events/071205/
スポンサーサイト
【2007/12/30 00:15】 学会、シンポジウム、セミナーなど | トラックバック(1) | コメント(0) |
1ヶ月
1ヶ月更新があいてしまいました。。

アゴラレポを早く書かなくては・・・。

28日に記載します(宣言)
29日に・・・

し・・師走
【2007/12/26 09:35】 日常 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |
PROFILE
mihha
  • mihha
  • IT企業 デザイナー2年生 プログラマLv.0.5
  • RSS
CALENDER
11 | 2007/12 | 01
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
CATEGORY
LINKS
SEARCH
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。